新築実績

和風(在来木造)

30年色あせ保証のサイディング貼りの和風住宅(小牧市N邸)

お母様の唯一のご希望は土塗り壁で家を建てること。若いご夫妻のご要望で、古めかしい重いイメージにならないように屋根勾配を緩くしラインンがシャープになるように入母屋の屋根をデザイン、外壁は和風のサイディングで親水セラミック塗膜で30年間汚れを寄せ付けず色あせしない素材を採用。2階には雨が降っても洗濯物が濡れないような屋根付バルコニーの実現のため、屋根荷重に働く地震に対する耐震設計に苦労しました。

京都の町や風平屋(小牧市K邸)

ご実家を30年前に建てさせて頂き、今回はご自身のお住まいのご相談を受けました。白い漆喰と黒い腰壁の京町屋風の外観に、室内もモノトーンを基調とした和モダンなイメージでまとめました。

薪ストーブの或る家(各務原市M邸)

ご主人は薪ストーブは外せない、奥様は入母屋の外観、さらに他では見られないような家にしたというご希望を叶えるため、古民家風の外観に薪ストーブのある天井が梁あらわしのリビング、さらに珍しい丸太の大黒柱。お子さんの勉強の場としてリビングと視覚的につながったスキップフロアーをご提案し採用いただけました。水周りは、共働きおで忙しい看護師をされている奥様のために動線をできるだけ短くループ状にし、室内で洗濯物も干せるようにゆったりしたユティリティーを配置。

寄棟平屋(美濃加茂市K邸)

一番のご希望は平屋で建てること、それに加えて左官の仕事をしていらっしゃる方でいろいろな建築の現場の庭をご覧になりご自身が自ら作り込まれ庭。部屋うちから眺めるその庭と調和するように窓や雪見障子を配置。玄関ホールから広縁への向かうところの垂れ壁には曲がりくねった変木をあしらい、寝室は梁あらわしの高い天井で天窓か明るい陽がさす設計としました。

国産材仕様の本格和風(小牧市N邸)

本格和風の入母屋造りの2世帯住宅。国産材と無垢材にこだわり杉の板戸は圧巻。性能面では外観からは想像しにくい耐震等級3、さらにQ値=1.9W/㎡・Kの省エネルギー等級4。外国留学のご経験があるお嬢様のイメージに合わせて2階部分は輸入住宅風にインテリアコーディネート。

入母屋の平屋(各務原市N邸)

築100年の茅葺屋根の住まいからの建て替えで、以前もそうだったようにこのたびも平屋のご希望でした。イメージは重厚感ある伝統工法による和風建築で、地震に強く冬暖かになることがご要望。玄関から広縁に掛けて丸太づくりの贅を尽くした外観に、耐震等級3・省エネルギー対策等級4のスペックが得られるように設計。

 数寄屋風2階建て(稲沢市W邸)

三恵住宅建設が初めて挑戦した性能評価住宅、耐震等級2・省エネルギー対策等級4の数寄屋風の住まい。しっかり計算をして根拠のある高い性能値を担保しつつ、土塗り壁で瓦葺きの伝統的な住まいになるように設計。内装は梁あらわしの天井やフルオーダーメイドの栗の木でできたキッチンなどをご提案。

平屋数寄屋風(美濃加茂S邸)

立ち退きにかかり住み替えをご決定。L字型の敷地を有効利用することと、数寄屋風のお住まいにすることがご希望。軽い感じの入母屋風の屋根に丸太をあしらった母屋、玄関から広縁につながるポーチは不規則な造形が趣を醸し出す鉄平石や丸太庇が数寄屋風のイメージと重なるように設計。

モダン

いぶし瓦と土壁のモダンな寄棟(小牧N・S邸)

お嬢様との同居期に建て替えをご決意。お父様のご希望だった「土壁づくり?」「入母屋?」「瓦屋根?」そんな古臭い家はいや!と全否定。お話をお聞きし、土壁や瓦屋根を採用しつつモダンンな外観に、高い断熱性能を活かして吹抜けのあるリビングや、読書コーナーのためのスキップフロアなどの今どきの使いやすい間取りをご提案。

ペニンシュラキッチンと一体のLDKの家(四日市市T邸)

30年前にご両親の家を建てさせて頂き、そのご両親のご紹介がきっかけでご縁が結べました。ペニンシュラキッチンと並行してダイニングテーブルを置きリビングと一体として使えるLDK、外からの陽の光や通風を取り入れられる充実した小屋裏収納。外観は縦型のスリット窓を連続してのかっこよく配置することがご要望でした。

ガルバリウム鋼板の外壁(東海市S邸)

20数年前当時お付き合いのあった水道業者さんに勤務していらしたS様、三恵住宅建設の家づくりが気に入ったとこのたび建て替えをするに当たりご連絡を頂き出来ました。業界の方なので知識も豊富で緊張しました。外壁はメンテナンスを考えてガルバリウム鋼板貼りをご希望、寝室の3次元の複雑な収納と書斎コーナーなど形にするのに苦労しました。

狭小地の明るい住まい(各務原市S邸)

或る見学会でご来場いただき、「一般の住宅は構造計算をしてませんよ」という説明に驚きを持って帰られ数日後ご連絡があり話が始まりました。南側に大きな建物が有るため、リビングの天窓・隣地建物の隙間を縫って入る太陽光に向けた縦長スリットの窓などとにかく明るい室内となるような窓配置。奥様のこだわりの家相にも徹底的にご満足いただけるように設計しました。

洋館(2×6・2×4工法)

大正ロマンかおる洋館(愛西市Y邸)

今までとっても大事にしてきていらっしゃった和風の庭、その庭に溶け込むような大正ロマンが薫る本格的な2世帯住宅の洋館、東南の角には朝日を浴びながら優雅に頂くモーニングコーヒーそんなイメージで塔を思わせる吹抜けのリビング。この外観からは想像できない本格的な和室や2階の子世帯からインナーバルコニーを通したコミニケーションを図るといった多彩な空間を設計。

コンサートホールの有る洋館(小牧市Y邸)

3人のお子様すべてが音楽留学されるという音楽一家、日本に3台しかないというピアノを抱きかかえるように2つの周り階段を配置、その前にファミリーコンサートが出来るようなホールを配置。2階はホールを取り囲むように回廊を廻し、天井はヨーロッパの教会などに見られるドーム天井としその中心には天満窓から入る陽の光がステンドグラスを通してホールを照らすように設計。

岐阜県各務原市 ドイツ風の洋館(各務原市O邸)

ドイツでお仕事をされていたご夫妻、ドイツ風の外観がご希望でした。リビングには暖炉を設けインテリアはアンティーク調に合わせて洗面の蛇口までこだわりご提案。猫チャンをとってもかわいがっていらっしゃるご夫婦にキャットウォークやリビングのドアに猫をあしらったオリジナルのステンドグラスなどをご提案。

ノースウェストスタイル(寄棟)洋館(弥富市M邸)

愛西市で建てた輸入住宅の見学会をご覧になり気に入って建てさせていただくことになったお住まい。玄関ホールは階段が二手に分かれ、折り返して3階に上がる階段を配置したダイナミックな空間をご提案。1階書斎は落ち着いた壁紙にダークトーンの腰板貼り、天井は彫の深い格天井などゴットファーザーの書斎をコンセプトに設計

初めての洋館(各務原市Y邸)

25年前に三恵住宅建設が初めて手掛けた2×6工法の高性能輸入住宅、インテリアは伝統的なイギリス風のイメージでまとめてみました。木製アルミ被覆サッシに高性能のグラスウール断熱材に気密シート貼に熱交換型の24時間換気さらに全館冷暖房システムなど当時ではまだ物珍しい技術満載の設計。

石張りの外観2世帯住宅(瑞穂市K邸)

K様、息子さんがご結婚されるに当たり2世帯住宅に建て替えを決断。重厚感を出すために外壁に擬石貼りをご提案。北側玄関のためホールが暗くならないため天窓をからの光が吹抜けを通して降り注ぐようご提案、2階には2世帯住宅ということでバスタブ付のシャワーブースの設置をご提案、2階子供室には小窓が付いたロフトを設計。