よくある質問

お見積もりを依頼すると必ず成約しないといけませんか?

いえ、そんなことはありません。
実際にどれくらいお金が必要なのか、どういったものが必要になるのか等々。
しっかりとご説明をさせていただいてから実際に依頼されるのかどうかを検討して頂いて問題ありません。

注文住宅の場合依頼してからおおよそどれくらいで住み始めることができますか?

進行具合や家の規模などによっても異なるため、一概にはいえませんが1年後を目処にしていただけるといいかと思います。
もちろん着工前や打ち合わせの段階で、全体のスケジュールをお伝えさせていただきますのでご安心いただければと思います。

まったくイメージが固まっていないのですが相談しても大丈夫ですか?

はい、もちろん大丈夫です。
注文住宅は決して小さな買い物ではないので慎重に進めていきたいというお気持ちよくわかります。
私共のようなプロに相談することで、必要な予算がどれくらいなのか見えてきたり、何を準備すればいいのかもクリアにすることができます。
イメージが固まっていない場合でもお気軽にご相談いただければと思います。

営業エリアについて教えてください

営業エリアは岐阜・愛知・三重の主に東海三県となります。
その他地域も対応できることもございますので、まずはお問い合わせいただければと思います。

初めての打ち合わせなのですがどんなイメージを持っていけばいいですか?

漠然としたイメージしかない場合は、その漠然としたイメージの状態で問題ありません。
そこから打ち合わせの中でイメージをお客様と固めていきますので、きっと方向性やどんな風に動いていけばいいのかなど明確なイメージに変わっていくと思います。

土地が決まっていないのですが相談に乗ってもらうことは可能ですか?

はい、もちろん可能です!
土地選びは家を建てる上でとても重要なポイントになります。
今までも多くのお客様の土地選びをお手伝いしてまいりましたので、きっとお力になれると思います。

耐震などが気になるのですが安全面は問題ありませんか?

はい、耐震設計を気にされるお客様も多いですが、もちろん対応しておりますのでご安心ください。
三恵住宅では、阪神大震災以来自社独自の耐力壁を開発するなど耐震性の高い住まいづくりに取り組んできました。
建物の木構造から基礎に至るまでの許容応力度計算を行い震度7の地震のさらに1.5倍の揺れに対して倒壊しない住まいづくりをおこなっています。詳しくは性能のところでご確認下さい。

住宅を建てるとき、ふつうどの家でも構造計算をして建てられているのではないですか?

住宅を建てるときあなたが特別に設計者に構造計算を依頼しなないかぎり、ほとんど構造計算はされません。なぜなら4号建物の特例というものが有るからです。この特例のせいで、住宅のような小規模な建物は、構造計算が義務付けられていないからです。