最初のきっかけは、お母様からのホームページをご覧になってのお問い合わせでした。

先ずお母様に三恵住宅建設株式会社の住まいづくりの取り組みをご説明させてもらいました。

太い材料を使うわけ、構造計算をしっかりやって耐震等級3の強度、断熱性能は最高レベルの快適性を感じる住まいづくりをお話して其れだけで営業トークが苦手な私はそのまま失礼をしてきてしまい数カ月がたちました。

その後、息子さんご夫婦を交えて話が聞きたいとお電話を頂いたことが今回のお話の始まりで、いろいろな写真イメージや住まい方のこだわりをまとめた数十枚に上る資料を携え来社されていろいろお話させて頂きました。

私たちとご縁を結んでいただける方は、こういった住まいづくりに夢をお持ちの方が多いように思います。これらを図面にお越し、さらにこちらからのご提案を含めて現実にしていくことが私たちの仕事だと考えています。

お見積もりに際して、事前に構造計算と温熱環境計算を済ませてそのデーターをもとに金額をお出ししてご契約いただきました。それから幾度となく図面の修正が有り、ご納得のプランが出来上がりましたが、構造的は乗り越えるべき課題が多くできました。

その一番の課題は直下率の低さ、それを確実に克服するため詳細な許容応力度計算法による構造計算で構造計算結果のNGを一つ一つ丁寧に消していき、やっと耐震等級3の構造計画が完了しました。

構造伏図や軸組図との図面の一致(整合化)も完了してこれから設計性能評価申請と長期優良住宅認定申請に入っていき、認定され次第基礎工事に掛っていき9月すえには建て方に入る予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加